スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日差しとうまく付き合う

2011年07月28日 17:21


夏

夏本番の沖縄では、今日も日差しが刺すように降り注ぎます。
この時期よく見かけるようになるのが、白い肌を痛々しいほど真っ赤に焼いた観光客の方々。

海で開放的になるのかもしれませんがちょっと待って!
この日差しはキケンなんです。


沖縄の日差しの強さは全国一。
紫外線量は本州の約2倍です。
そんな土地で、日差しに慣れてない肌を晒すのはとても危険です。


鳩だって日陰に避難する暑さ・・・


ビキニや海パンで海に入ると、一日でこんがり肌の出来上がり。
それも「日焼けで健康的な小麦肌☆」なんて生易しいものではなく、やけど・水ぶくれができます。
料理中にやけどして赤くただれたり、水膨れを起こした事はありませんか??
あれと同じです。

背中を大きく日焼けすると痛みで寝返りがうてなくなり、日焼けがひどくて病院に運ばれる方も少なくありません。
そこまで焼ける前に日射病になる場合もありますので注意が必要です。


それでもどうしても真夏に日中の海で泳ぎたい!という方は、水着の上からシャツなどを着ると紫外線カットの効果があります。
でも地元の人は朝か夕方にしか海には入りませんので、肌の強さに自信があってもオススメはできません・・・><


昼の海もきれいですが夕方の海なら涼しく快適に遊べますよ!
せっかくの旅行を失敗しないで楽しみましょう♪



FC2ブログランキング

ポチッとお願いします^^

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。