スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カメさん」のはなし

2007年11月08日 17:28


こんにちは、ヒサノです☆
那覇市で11月6日から11日まで開催されている 『瀬長亀次郎 生誕100年 写真・資料展』 に行ってまいりました(^∀’)ゝ
この方ご存知ですか??
戦後米軍統治下の沖縄で那覇市長や沖縄初の国会議員を務め、沖縄を本土復帰に導いた英雄です。












  この方が瀬長亀次郎さん。やさしそうなお顔してますね^^
  県民からは「カメさん」と呼ばれ、厚い信頼を寄せられていました(’∀’)


アメリカからの圧制に対する抵抗運動の先頭に立ちましたがそのために目をつけられ、検挙され留置場に入れられることもありました。
が、理不尽な権力に屈することなく戦いつづけました。
代表的な話としては1956年の瀬長氏が那覇市長時代、瀬長氏をよく思わない占領軍が琉球銀行を介しての那覇市への補助金・融資を打ち切り、預金を凍結し市政運営を困難にさせました。
なんて規模の大きい嫌がらせ・・・(・ω・´)

ですが、市民が納税で瀬長氏を助けようと行動を起こしました。
瀬長氏が市長になるまえは77%だった納税率が86%、最高では97%までになり、これによって自主財源で市を運営できるようになったのです。









  展示の様子


このあとも占領軍はしつこく瀬長氏から地位を奪おうと、不信任決議を7度にわたって提出しますが、すべて不発に終わりました。
最終的には市長になる前に2年間投獄されたことを理由に強引に追放し、被選挙権をはく奪したのです。
一人の人間をここまでして追い詰めるほど、アメリカ側には脅威となる方だったようです。




愛用品の数々。
偉人が使っていたものを生で見るってインパクトがありました(’∀’)


せなが4

ポークの缶で作ったヘアピンです。
妻であるフミさんは、今では当たり前のリサイクル精神を持ちエコロジーな生活をしていました(’o’)


ところで会場では開催者の方に声をかけていただきました。
とてもたくさんの人が来ていましたが、わたし位の歳の人はいなかったので珍しかったようです^^;
若い人も、今の沖縄になるまでどんなことがあったのか知っておくべきだと思いました。

最後に、写真を撮らせていただいた開催者の方々への感謝と、この時代を表すことばを載せます。



「軍政府は猫で、沖縄は鼠(ねずみ)である 猫の許す範囲しか鼠は遊べない」 (米軍政府幹部)


「戦争は終わったが、地獄は続いていた」 (『瀬長亀次郎回想録』より抜粋)


「一リットルの水も、一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない。空気は我々がただで吸わせている。
そのうえ、今回の新たな土地強奪である。我々は対米非服従運動を起こさねばならない」 (『沖縄の青春 米軍と瀬長亀次郎』より抜粋)




FC2ブログランキング

ポチッとお願いします^^




コメント

  1. 友さん | URL | -

    はじめまして。
    沖縄には2回行きました。
    カメさんのことは,大体知ってますよ。それにしても、先の教科書問題での集会はすごかったですね。カメさん時代からの沖縄の心ですね。
    又いきたいですー。

  2. ヒサノ | URL | f4RRH762

    >>YAM★YAMさん<<

    印象深いお顔で一度お見かけしたら忘れなさそうですよね(’∀’)
    物や暮らしが豊かになった代わりに人の心の豊かさが忘れられてしまったとしたら、とても悲しいことです。。
    やはり偉人の存在は、いつまでも語り継ぐべきだなぁと思います。



    >>ハルさん<<

    日本も勝てなかったアメリカに、さらに小さい島国である沖縄の声なんて届かないのが現実です(・ω・`)
    誰もが叫ぶことをあきらめてしまった中、声をあげた瀬長氏の勇気はすごいです。
    革命を起こす人って本当にいるんですね(’∀’)


    >>コメットさん<<

    歴史を繰り返さないために歴史を知ることって大事ですね。
    平和なのはいいことだけど、どうして平和なのかということはやっぱり知っておくべきです(’o’)
    偉人を忘れてはいけないなぁと思います。


    >>よもぎ猫さん<<

    自分たちの島は自分たちで守らなければと起こした行動も、瀬長氏がきっかけではありますが
    やはり数万人の思いがひとつになるととても大きな力になります。
    今、世界に必要なのはそんな力なのかなと思います(’-’)


    >>クロールさん<<

    武器を持たないたった一人の人間が、あのアメリカにとっての脅威だったんです。。
    当時は米兵による婦女暴行などの事件が多くありましたが、どれもうやむやにされてしまった不条理な時代でした(・ω・`)
    彼がいなかったら、沖縄はまだ本土復帰を果たしていなかったかも・・・というくらい、歴史を変えた人物です。


    >>a,tさん<<

    わたしもまったく知りませんでした^^;
    でもとってもすごい人!
    沖縄の学校では特に教えていかないといけない人物ですよね(’o’)


    >>ろばーと2さん<<

    ホント、そう思います(・ω・´)
    無駄遣いのために税金をあげるばかりのダメな政治家ばかり・・・
    心から信頼されれば、市民は協力するものなのに。
    リンクありがとうございます!
    相互リンクという形でよろしいでしょうか?? こちらからも貼らせていただきたいです(´∀`人)♪
    よろしくお願いします^^


    >>carolさん<<

    わたしなんてまだまだです(・ω・`)
    でも誰だって、自分の生まれ育った土地であった悲劇を忘れられてしまうのは悲しいですよね。。
    一度も間違いを犯さなかった人なんていませんし、人が国を創る以上、正しいことだけでできている国もないはずです。
    事実は事実として残していかなきゃいけないですよね。


    >>なずなさん<<

    優しそうなお顔ながら、芯の強そうな雰囲気がうかがえますよね(’∀’)
    ポーク缶は固いのでなるほどなーと思いました。
    歴史に残る方と結婚する位なので、奥様もすごい方ですよね。

  3. なずな | URL | Fztxb0X.

    お顔は優しい方なのに、凄い方なんですね。
    奥様のフミさんのポーク缶で作ったヘアピン印象的です。それも20年前まで使用していたなんて!

  4. carol | URL | MDo56pwE

    最後の言葉はどれも重みがありますね。
    ヒサノさんのように積極的に沖縄の歴史を伝えていこうとする人が
    これから増えていけば良いなぁ・・・と思います。
    人間はどうしても過去の事を忘れてしまいがちですから。

  5. ろばーと2 | URL | VwhHdBBk

    私利私欲にまみれた今の国会議員に
    爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいですね。

    こういう人が国をしょっていってほしいものです。

    リンクはらさせてもらっていいでしょうか?

  6. a,t | URL | -

    カメさん・・まったくわかりません笑"
    きのーTVでやってましたね。

     なんか顔がインパクトありますよね~(かめさん失礼しますた)

    すごい役になった方なんですね!w

  7. クロール | URL | TEzGU1vU

    ヒサノさん こんばんわ

    ポスターのお顔からは、ちょっと想像もつかない、、、
    でも、ホント凄い方なんですね?
    戦後の米軍統治下で理不尽な権力に負けず
    戦い続けるなんて!
    市民の心を突き動かす亀次郎さんが
    あのアメリカにとって、脅威だったんですね!

  8. よもぎ猫 | URL | 6DhLHxds

    私もこの方のお話は初めて聞きました。
    すごい方ですね。写真を見た感じでは飄々とした雰囲気の方ですが、かなり芯の強い行動をされた方なんですね。
    納税率のお話は、沖縄の方々の当時の思いを考えるて、感動しました。
    読んでいて、自分ももっとしっかりしないといけないなぁ、と思いました・・・。

  9. コメット | URL | -

    こんにちは~♪

    今があまりにも平和なので、忘れがちな事ですよね。
    これから先も戦争があってはいけないし、
    歴史を知ることは大切ですよね~。
    偉大な先人に学ぶ事は多いはずですね!

  10. ハル | URL | -

    とても立派な方なんですね('-'*)
    占領軍からの大きな反発がありながらも沖縄のために戦い続けることは、容易ではないと思います。そのような立派な方だからこそ、周囲の人達も信じて協力できたんですねvv
    人の凄さを改めて知りました☆

  11. YAM★YAM | URL | -

    知りませんでした。

    お顔は失礼ながら、ものすごいインパクトがありますよね。


    単純に一生懸命頑張り、単純にみんながその人を応援している。

    誰のためかといえば、単純に自分であり、皆のために・・・・。

    今のような物質的には豊かでも複雑な時代では、こんな方もでてこなければ、皆他人事。

    どっちがよいのでしょうかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nangokuinfo.blog53.fc2.com/tb.php/324-1e413bca
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。