スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアものマネー

2011年05月16日 18:04


二千円札・・・懐かしい響きですが、皆さんの財布に今入っていますか??
れっきとした日本の通貨なのに、使い勝手が不評で今では見かけるのがレアなほど。

「沖縄では普通に使われてるの??」という声をよく聞きますが・・・
じつは沖縄でもほとんど見かけないです~^^;
最近とんとお目にかかれていません。


銀行窓口などでは二千円札を優先的に扱うようにしているそうです。
銀行やゆいレール駅構内ではこんな張り紙が。




二千円札大使なる資格もあり呼びかけは盛んでしたがなかなか普及せず、ついには製造中止になってしまったとのこと。
せっかく沖縄をテーマにしたお札ということで残念ではありますが、使いにくさがあっては仕方ありませんね><


二千円札といえば守礼門が沖縄の象徴としてプリントされていますが、じつは守礼門が通過に登場したのはこれが初めてではありません。

昭和50年に発行された沖縄国際海洋博覧会の記念硬貨として、100円玉になっています。
1億2000万枚の販売だったそうなので運がよければ出会えます^^♪



レアコインといえば、むかーし一度だけ穴ずれ50円玉を見たことがあるヒサノでした。
約10万の価値だと知っていればとっておいたのに!(笑)



FC2ブログランキング

ポチッとお願いします^^

みそ汁を持ち帰ろう

2011年05月09日 16:56


汁物専門テイクアウトのお店が最近オープンしました☆
あえて汁物を持ち帰りにする、新しい発想のお店です。

那覇市にオープンの「汁もの屋 ちふぁーふ」



約一坪分の小さな小さなお店ですが、メニューは豊富で約15種類。
お祝いの席に欠かせないイナムルチや、コラーゲンたっぷりのてびち汁、具だくさんのみそ汁といったメニューが並びます。
汁物のみなら380円、ご飯セットで480円です。

スペアリブや島らっきょうなどのサイドメニューもとっても美味しいとのこと!


沖縄の汁物は独特で、分かりやすい違いは「みそ汁」で比較できると思います。
普通、みそ汁といえばお椀に入ったつつましやかな量の、料理の添えものでしかありませんが、沖縄のみそ汁は料理のメインを張ります。
どれくらいの存在感かというと・・・・




っどーーん!


どんぶりから溢れんばかりの量!
食堂の定番メニュー「みそ汁」です。どこのお店でもだいたい500円前後。
みそ汁をおかずに、これまた大盛りのご飯を召し上がれ♪
具は野菜を中心にポークなどもたっぷりと入っています。

「お酒を飲んだ後にあっさりと食べれる」として人気です。


そんなちょっと変わった沖縄のみそ汁、食べたくなったらちふぁーふへ☆
本土のみそ汁も沖縄のみそ汁も大好きなヒサノでした!



FC2ブログランキング

ポチッとお願いします^^

アーサとラーメン

2011年04月07日 17:17


先日、国際通りで東日本大震災のチャリティーを目的としたチャリティーエイサーの演武がありました。
子どもから大人まで、踊る人も見る人も願いはひとつ。
被災地の一日も早い復興です。



県内でも各所で募金が集まっているようです。
もちろんわたしも募金しました、少しでも役に立てばいいなぁ^^



沖縄遊遊ブログも通常運転にもどります!
今日はおいしいおいしいラーメンのご紹介っ☆

浦添市にあるたっちゃんラーメンはあっさり塩ラーメンが美味しいお店です。
緑色の物体は・・・アーサ!




アーサを使ったラーメンは初めて食べました。
「しゃりしゃり」とした歯ごたえと磯の香りが、塩ラーメンにピッタリだと思います♪
個人的にチャーシュー柔らかめ、きくらげたっぷりなのもうれしい^^
元々は塩ラーメン専門店でしたが、しょうゆラーメンや塩+豚骨味も増えて食べやすくなっています。


沖縄のラーメン屋といえば可もなく不可もなくな味の小さいお店か、本土のチェーン店くらいしかなく、ここのラーメンがまた食べたい!と思えるお店がなかなかありません。
ラーメン不毛の地と呼ばれるほどの土地ですが、こういう美味しいお店はぜひ広まってほしいです^^



FC2ブログランキング

ポチッとお願いします^^


沖縄での支援

2011年03月17日 17:04


今回の震災の影響で原発が予断を許さないなど、いまだ緊張が続いています。


本州では震度5程度は慣れたものという声をよく聞きますが、沖縄では震度3前後もほとんどありません。
記録によると沖縄本島で震度5以上を観測したのは、去年2月にあったM7.0(震度5弱)の地震が約100年ぶりといわれています。

本土で万が一があったときのために、企業のデータサーバーが沖縄に集中しているという面もあります。





沖縄からの物資・人的支援は時間や手間がかかる場合が多いですが、沖縄ロングステイ施設では『今回の災害で避難生活を余儀なくされた方に別荘を無料貸し出し』という支援活動を開始しました。
これは別荘のオーナーが別荘を使わない間、一般の方が使用料を払って長期滞在するサービスで、通常一か月20万円以上。
5月末までの提供で、オーナーのご厚意で貸し出される部屋もあるそうです。
60室中10室が提供され、お年寄りや命の危険のある方が優先的に受け入れられます。

すでに避難生活の中での死亡者が15名も出ているそうなので、1日も早い復興が急がれると思います。
沖縄への避難はトラウマやストレス面などの回復にも役立つかもしれません。


離れた土地では離れているからこそできる支援もあります。
ゆいまーるの精神で支え合っていきましょう!

ゆいまーる=助け合い
ゆい(結)=結合・共同  まーる=順番



東北地方太平洋沖地震

2011年03月14日 17:03


この度の東北地方太平洋沖地震において、被害にあわれた被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
またご家族を亡くされた方々に心よりお悔やみ申し上げます。
一人でも多くの方が助かることを祈る思いで見守りつつも、現時点のニュースでは犠牲者の人数が増えるばかりです。

こちらは本島から離れた土地のため地震はまったくありませんでしたが、たまたま震度7のニュースをネット上の速報で見かけて急いでテレビをつけました。
最初の予報では津波3m~6mという予測だったのを覚えています。
それが今では戦後最悪の被害という事態に・・・


今の時代ネットは本当に便利で、ブロともさんたちの無事もすぐに確認できてよかったです。
他の被災者の方々を思うと手放しに喜ぶことはできませんが・・・

直接地震の被害がなかった地域でもインフラ等で間接的に影響がありそうですが、ここからできるだけの支援に協力させていただくとともに、一日も早い復興を願っています。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。